ミツコ感覚

山内ケンジ
作品一覧

脚本・監督/山内ケンジ

  • CMディレクター兼、舞台演出家、劇作家で本作にして長編映画監督デビュー。
  • 1958年 東京都出身。
  • 1983年 電通映画社入社。
  • 1992年 フリーランスになる。
  • *CMディレクター時は山内健司の名義で活動。
    近年はCM以外に山内ケンジ名義で、“城山羊(しろやぎ)の会”の演出家。劇作家、映画監督を務める。

【監督のコメント】

この映画は「信じる」っていう前向きなかんじではなくって、「信じたいんだけど」っていう、
弱さというか、けなげさというか、はかなさがあって、絶望があって、まだまだ大きな不安がある。
でも、結局同じ世界に生きるこの姉妹は、よりそってどこかわかりあって、生きていけるかも。しれない。
それは、敷衍(ふえん)して考えると 、震災後の我々です。でも、とにかく絶望に向かっていても仕方がないから、
ひっそりと、静かに、かすかな希望を信じて、毎日を精一杯生きましょう。
そうする以外にないじゃないの。と。前向きにはなれないんだけど、なんとか死なないで、生きる、と。まあ。

[ 主なCM作品 ]

  • 【ソフトバンクモバイル】白戸家シリーズ「予想外な家族」「店頭」「声変わり」「広告批評」「家族で通話」
    (タイムズ・アジア・パシフィックアドバタイジング・アワード テレビ部門ゴールド賞)
  • 【新日邦】コンコルド「コンコルドシリーズ」(静岡県で驚異的な認知率を誇るご当地CM)
    (第44回ACC全日本CMフェスティバル ACC金賞 第4回静岡県CMグランプリ 最優秀賞)
  • 【日清食品】UFO「ヤキソバン」「チーズ星人」
    (タイムズ・アジア・パシフィック 金賞)
  • 【NOVA】NOVAの日シリーズ「同僚」「帰宅」「路地」「英語の境界線」「閉鎖」「上司と部下」
    (第33回ギャラクシー賞 テレビCM部門 CM大賞他)
  • 【TBC】「ナオミに変わる日(ナオミ・キャンベル)」
    (第37回ACC日本CMフェスティバル最優秀賞他)
  • 【第一生命保険】パスポート新鮮組 「サッカー」「サーフィン」「アクセル」
    (第35回ACC全日本CMフェスティバル 秀作賞)
  • 【TOSOSINとQUOQ】クオーク「別れ」「出産」「ついに来たこの日」「まさかの時のクオークカード」
    (第40回ACC全日本CMフェスティバルACC金賞)
  • 【SEGA】「人生は退屈だ」「とある街の声」「夢」「すすめ湯川専務!」

    (第38回ACC全日本CMフェスティバルACC賞)
  • 【キッコーマン】トライアングル「質問」「人違い」「トライアングルを青くする女」
  • 【日光江戸村】「にゃんまげに飛びつこう」「宇宙飛行士も飛びつこう」
  • 【セコム】ホームセキュリティ「くつ下」
  • 【三菱UFGニコス】MUFG CARD「鹿に導かれた男」
  • 【高橋酒造】白岳しろ「解散の危機」
    (第61回広告電通賞優秀賞)
  • その他CM作品多数

[ 演 劇 ]

  • 2004年『葡萄と密会』
  • 2005年『乞食と貴婦人』
  • 2006年『クレブス・ペルオスの迫害と恐怖』
  • 2007年『若い夫のすてきな微笑み』
  • 2008年『新しい橋〜le pont neuf〜』
  • 2008年『新しい歌 〜tyto nove pisnicky〜』
  • 2009年『新しい男』
  • 2010年『イーピン光線』
  • 2010年『微笑の壁』
  • 2011年『メガネ夫妻のイスタンブール旅行記』
  • 2011年『探索』
  • 2012年6月に下北沢 小劇場楽園にて新作を公演。

[ ショートフィルム ]

  • CX「Smap Short Films」の『治療』
  • DVDマガジン「Grasshoppa!」の『ボヌールハイツ』
  • CX「世にも奇妙な物語」の『マンホール』
  • CX「演技者。」の『I(アイ)の世界』
  • WEBドラマ「短編.jp」の『プリーズ、ウェイク・アップ』
  • 「クオーク」 WEB限定『bunkatsu』